小学生クラス

「鉄は熱いうちに打て」の通り、小学生は驚くべき変化を遂げます。小学生だからこそ、保護者の皆様には、慎重に塾選びをお願いしたいです。

どの教科においても、すべての基本は小学の勉強にあります。特に国語・算数については小学時代にしっかりとした勉強の芯を作らなければ、必ず中学もしくは高校で勉強が崩れてしまいます。
中学・高校生を教えている当塾だからこそ、小学生にとって何が大切か、どの勉強が将来、中学→高校へと繋がるか、勉強においての未来を教えることができます。
ですから、当塾では答えだけ合っていても○になりません。小学生だからこそ、やり方が大事!!と口をすっぱくして指導しています。

三条高校・巻高校のTOPクラスの生徒も指導している私達が指導する小学生クラスは他にはありません。
ぜひ橘セミナーの実力をご自身の目でお確かめ下さい。

小学生クラスの授業風景

小学生クラスの重点指導

  1. 勉強のイロハを教えます【問題を解く→○付け→直し→まとめ】
  2. 「勉強においては、問題を解くことではなく、直しこそが一番大事である」ことを身につける
  3. 基礎学習の足りない生徒は、どこに弱点があるかを見つけ、さかのぼっての弱点克服。
  4. 学習能力の高い生徒は、縦(上の学年の学習)にすすむのではなく、横に広げ各学年での難易度の高い問題への取組み、社会・理科への取組み。

小1〜小2 個別指導

(定員概ね8名)週1回 木曜日17:45〜18:45(途中1回休憩)
国語・算数

小3〜小6 個別指導

週1回 木曜日:17:45〜19:15または土曜日:17:15〜18:45
どちらか都合の良い時間帯をお選び下さい。
国語・算数・英語・理科・社会

小学生クラスは基本的に国語・算数を塾のオリジナルプリント+教科書準拠のワークで勉強をすすめます。
例えば小4で新規に入塾した場合、算数の小3までの基本的知識や計算プリントなどをやってもらい、そこまでで生徒に勉強の穴(弱点)がないか判断し、小3の単位に弱点があれば、単位に関するプリントを反復学習し、穴をうめていきます。それと同時に、学校で小4の勉強もすすんでいるので小4のプリント&ワークで普段の勉強のフォローをしていきます。

小学生クラスでは、とにかく勉強に対する姿勢や正しい直しの仕方を徹底指導し、まずは量より質を高めます。
そして、基本的な学習姿勢が身についた段階で量への勉強に突入します。

勉強に対する姿勢を身に付けるには時間を味方にしなくてはいけません。現在の脱ゆとりの学習内容では、算数は小5で大きな分岐点になります。
もちろん個々に能力の差があり、いつから塾通いをするかはそれぞれに適した時期があると考えますが、小3・4月から当塾に通塾した塾生は、2012春現在100%の塾生が、巻高校以上に合格しています。
正しい努力をすることで、成績は作られることを塾生たちが証明してくれています。

指導教科の英語・理科・社会については、国語や算数の勉強の理解度に応じて、基礎学習がOKと判断した生徒に学習指導をしています。

中学進学クラス(小6・10月〜3月) クラス授業

土曜日:16:50〜18:40
国語・算数・英語・理科・社会
小6、9月に在籍の生徒は自動的に中進クラスに移行になります。

小6の10月からはクラス授業になります。この6ヶ月で、小6の生徒には、頭の体力とも言うべき、勉強の時間と量に対応する力をつけます。この中進クラスでは、小学の総復習と、中学の先取り学習を指導していきます。この半年間の訓練で、多くの生徒は飛躍的に学習能力と勉強に対する姿勢を身に付けています。

小学、中学進学クラスの特徴

■食べ物がない人に、お米を与えても、その日がしのげるだけ。橘セミナーではお米の栽培法を教えます!!

最近の学習塾は、テクニックの指導が優先されています。生まれつき能力の高い生徒であれば、そのテクニックが有効な事でしょう。しかし、残りの大多数の生徒は、それで良いのでしょうか。
結局、勉強は塾にいる時だけで、自宅学習ができない、このような生徒が多いのではないでしょうか!!
大切な事は、「勉強の本質」の指導です。それが二の次になっているために、中3生になっても、「勉強のイロハ」さえ分からない生徒が、どれだけ多い事か。それは進学校の高校生でさえ同じようです。「そんな馬鹿な??」と思う人も多いのでしょうが、当塾の認識の確かさを証明するかのように、ここ数年、進学校では「勉強のイロハ」を学ぶために、わざわざ1泊2日の研修を実施しています。進学校の教師の苦悩が、目に浮かんでしまいます。
小学、中学進学クラスの一番重要なテーマは、「勉強の正しいやり方」を身につける事であり、自ら考え自立した学習ができる生徒を育成する事です!!

■「小学生の今」が変革の最大で最後のチャンス??

今まで400名以上の生徒を指導して感じる事は、「小学生」はスゴイ!!と言う事です。
過去3年(2012年現在)において、中進クラスからスタートした塾生の約90%(小学3年4月から在籍の場合100%)が、三条・巻・新潟南高校などいわゆる巻高校以上に進学しています。中学での成績は生まれつきの能力にかかわらず、ある程度成績は作る事ができるのです。(特に数学&英語) そのスタートが小学生クラスであり、中学進学クラスでの学習なのです。そのためにも、小学生のうちに勉強に対する意識を変えなければいけません。小学生での「意識改革」こそが大切なのです。どんなに良い内容の授業を受けたところで、生徒自身の意識が変わらなければ、勉強に振り回されたまま中学生、高校生〜大人になってしまうのです。

ぜひご見学下さい。
お問い合わせはこちら